Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きさくらべ

こんにちは、真岸です。
2月後半のどんぐりタイムは「大きさくらべ」でした!
つまり、形がちがう2つのものの大きさをどう比べるか?
というテーマです。
算数では「面積」として勉強する内容に、
計算式を使わずに工夫して取り組みました。
計算だけではない「楽しい算数」を実感してほしい、という思いからこのテーマを扱いました。

これがなかなか難しく、
ぱっと見ただけでは「こっちの方が大きい」と思ったのに、
実際にはもう一方の方が大きかったりします。

そこで、どのチームも取り組んでいたのが
2つのカードの形が重なるように、パーツを切って並べ替えてみる作業です。
しかし、ただ切って同じ大きさになるように並べるだけだと切る部分が多くなってしまい、
なかなかうまくいきませんでした。
そこでうまくできたチームを見ていると、大きなカードを
小さな△(さんかく)や小さな□(しかく)などの規則正しい形に切り分けていました。
△が何個分、□が何個分…というように理解すると、
計算しなくてもどちらの形の方が大きいのか調べることができますね!

今回は個人ではなくグループごとに問題に取り組んだため、
だれか一人が解いてしまうと他の人は考えない、という場面が少し見られ、
少し残念だったかなと思います。
しかし今回すばらしかったことは、先生が予想していなかった解答がたくさん出てきたことです!
これからも、先生の予想を超えるアイディアがどんどん出てくることを期待しています。
スポンサーサイト

蒸し暑い日が続いてますね。。。

どんぐりアカデミーの野内です。
更新が遅くなり、申し訳ありません(>_<)



今月は七夕ということで、どんぐりタイムでは「天体」をテーマに取り組みました!

1週目は教室がちょうど7月7日だったので、七夕スペシャルと題して、七夕にまつわる話などを勉強しました。
なかには織姫と彦星の物語を完璧に知ってる子もいて、驚きました。

2~4週目は、「どうして朝、昼、夜があるのか?」という疑問から、地球が地軸を軸にして回転していること(自転)を学び、「どうして四季があるのか?」という疑問から、地球が太陽の周りを1年かけて回転していること(公転)を学びました。

この内容は本来、中学校2年生くらいに勉強することなので難しいテーマだったと思いますが、
どんぐりタイムの最後に「わかったことや、感想を書きましょう。」といったプリントをやってもらったところ1年生は「地球が回っているってわかった」5年生では、「雲の動きも地球が自転していることと関係があるのかな?」といった感想や質問を書いてくれました。

みんなが中学校に入って「天体」を勉強したときに、今回のどんぐりタイムでやったことが少しでも役にたったら嬉しいなと思います。



自転と公転



今回の自転と公転を理解してもらおうと、自宅で試行錯誤を繰り返し完成した、「自転と公転キット」です。

小学校以来、久しぶりに紙粘土や絵の具を使い、幼少のころに戻ったように楽しく作成しました♪
地球も太陽も自転できるように、工夫をしてみました☆
見た目は、美しくないですが、皆楽しそうに地球を回してくれて、嬉しかったです(*^^)v
(ちなみに、4つの地球はそれぞれ、四季をあらわしています)



8月からは、生徒が12人になります!嬉しい限りです\(^o^)/
今後も20人までは生徒募集を継続しますので、無料体験にぜひお越しください。
(2週目の8月11日はお盆休みとさせていただきます)

また、講師募集も行っていますので、ご連絡お待ちしています。

2007年12月22日どんぐりタイム~エゾリスvsシマリス~

どんぐりタイムの様子です☆

この時のどんぐりタイムのテーマは、エゾリスとシマリス。

写真を見ながらどちらがエゾリスでどちらがシマリスかを当てていくものです☆

最初は「リス!リス!!」とだけ言っていた子もだんだん種類が違うことがわかっていき、最終的にはそれぞれの生態がどのようなものかを、つめ、毛、食べ物、などから推測できました(^_^)

下の「追記を表示」で、アカデミーの様子を写真でご覧いただけます(^_^)

追記を表示

Appendix

プロフィール

どんぐりアカデミー

Author:どんぐりアカデミー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。